お米のとぎ汁の有効的な活用法はコレ!

okome

 

毎日お米をとぐ時に出る、とぎ汁をそのまま捨ててしまうのはもったいない話です。

そのとぎ汁を再利用すれば、節約にもなりますし、エコにも役立ちます。

 

一つ目、食器洗いで節約

お米のとぎ汁を、食器洗いに利用できます。

とぎ汁は油分を少し含んでおり、少しの油汚れなら、これで十分に落とすことができます。

これで、水道代と食器用洗剤の節約になります。

 

第二に、ワックス効果

他には、床や木製家具を拭く時に、とぎ汁で拭きます。

ワックス効果があるので、水で拭くよりもキレイになります。

 

第三に、保湿効果

お米のとぎ汁で洗顔すると、顔がしっとりとしてきます。

しかし、とぎ汁は油分を含んでいるので、やりすぎるとニキビの原因になるので、注意しましょう。

 

第四に、アク抜き

さらに、タケノコなどのアク抜きにも、お米のとぎ汁を利用できます。

アクが強すぎるものには、あまり効果がありませんが、採りたてのものなら、お米のとぎ汁で十分でしょう。

 

 

他にも昔の人は、髪の毛にリンスの代わりとして使ったりしていたようです。

お米のとぎ汁はいろいろなものに利用できるようです。

 

 

しかし、夏場などはすぐに傷みやすいので、容器に入れて、冷蔵庫で保管をして、早めに使い切りましょう。

昔ながらの知恵は、現代の生活に合わせて使えるものも多いので、大いに活用したいものです。